英語で働く日本

【英語を使って仕事】人材紹介会社の活用 3つのステップ(1)

 

こんにちは、まのんです。

日本で、そして海外で、英語を学んだら、次は仕事で使いたいですよね。語学堪能はスタッフはさまざまな分野で求められています。

日本で英語を活かした仕事を探すとき、多くの人が利用する、王道ともいえる人材紹介会社を経由しての就職活動。

画像ファイル

 

誰でも知っている大手から、コンサルタントひとりだけで運営する小さな事業者まで、様々な企業がこの分野に進出しており、その数は日本国内で数千社と言われています。

この人材紹介会社の、それぞれの特色を知って、上手にお付き合いすることで、良い仕事に巡り合うご縁が生まれることが多いので、有効に活用したいものですね。

 

参考記事:

日本で探す英語の仕事 人材紹介会社に登録する(1)

日本で探す英語の仕事 人材紹介会社に登録する(2)

 

ステップ(1)自分に合うと思われる数社を選ぶ

 

実際に、人材紹介会社を探し始めると、大手以外にも本当にたくさんの企業がこの分野に進出していることに驚くかもしれません。

ネット上や英字新聞などでコンスタントに見かけるもののほか、ニッチな企業も多くあります。

たくさんあるだけに、自分に合った会社を選ぶことが転職成功の第一歩です。まず、その規模からみてみましょう。

 

大手人材紹介会社

転職雑誌には大きなカラー広告や、裏表紙広告で目にすることの多い、大手人材紹介会社。電車の窓やドアの上の部分にも、人材紹介や派遣会社の広告を見かけます。

 

大手のメリットとは?

大手の人材紹介会社に登録するメリットは、その案件の多さだと思います。様々な業界にネットワークを持つ大手人材紹介会社も多いので、自分の希望する業界の企業を顧客に持っている確率が高くなります。

大手外資系企業の案件に出会えることも多いでしょう。

 

大手のデメリットは?

様々な案件を抱えているのが大手ですが、一方、デメリットもあります。

案件も多く、支社・支店数も多いし、ネット情報も充実しているので、応募者の数も多くなります。

必然的に、応募者間での競争は厳しくなります。いくら応募者が「A社がいい!」と希望しても、職歴・学歴のデータが案件に合わないと、ふるいにかけられてしまう可能性が高いのが難点かもしれません。

突出したキャリアがないと、希望する業種や企業への面接に至るまでのハードルは高いかもしれません。

また、応募者と面談するコンサルタントと、顧客企業を担当する営業とは別のスタッフであることが多く、いわゆる「お見合いおばさんの細やかさ」でのマッチングは期待できないもしれませんね。

応募者の経歴等はデータ管理されるのが一般的ですから、辣腕コンサルタントの「職人的さじ加減」での紹介ではなく、データ上マッチしたから紹介、になることが多いとおもいます。

 

小規模な人材紹介会社

こちらは、人材紹介会社の社長やスタッフのネットワーク力が決め手と言えるかもしれません。

例えば、スタッフ数人の小さなオフィスだなあと思っても、コンサルタント自身が元大手外資の人事部長だったりして、強いネットワーク力があったりすることも。。。

 

小規模人材紹介会社のメリット

企業によって個性的な強みがあるのがこのタイプの人材紹介会社だと思います。

ある特定の業界に強い、という企業もありますね。

さらに、企業営業として顧客開拓もし、一方で応募者の面談からキャリアコンサルティングまで一人の担当者が担うケースも多いです。そういったスペシャリストを何人か抱える人材紹介会社もあります。

持っている案件自体は少ないかもしれませんが、相性の良いコンサルタントに出会えれば、こちらは「お見合いおばさんの細やかさ」で顧客企業にプッシュしてもらえることもあります。

 

小規模人材紹介会社のデメリット

さきに書いたように、案件数が限られているということだと思います。また、ある業界にとても強い企業がある一方、職種や業種によってはほとんど案件を持っていない場合もあります。

例えば、筆者自身がかつて働いていた人材紹介会社は、小規模なものでしたが、秘書やアシスタント的な業務の案件が中心でした。日本企業でいう総合職にあたる職種は少なかったですね。

かなり前なので、「英語を使う仕事=女性なら外資系秘書が中心」という風潮があったためかもしれません。

しかし、小規模な企業はコンサルタント数も少ないため、得意分野や特化分野というのがあるのは事実。こういった企業の「痒い所に手が届くコンサルティング」を求めるなら、自分の求める業種・職種に強いパイプを持つ企業に登録する必要があります。

 

次回は、人材紹介会社のコンサルタントとの上手なつきあい方などをご紹介していきたいと思います。「日本で探す英語の仕事 人材紹介会社の活用方法3ステップ(2)」に続きます。

 

【日本で英語の仕事を探すためのサポート記事】

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください