英語と旅行

【女性一人旅はロンドン!】一人でも楽しい理由と安全に旅するヒント

 

画像ファイル

 

画像ファイルロンドンの旅に憧れています!

一人旅でもロンドンって楽しめるのかな?

治安はいいのかな?

 

こんにちは、まのん@ManonYoshino)です。

 

最近、「おひとりさま」を楽しむ人が増えていますよね。

中でも注目が一人旅!

女性の海外一人旅も人気です。

 

昔から女性の旅先としてポピュラーだったロンドン。

近年、ますます旅の利便性がアップしているようですよ。

 

女性が一人でも過ごしやすいと言われるロンドンですが、具体的にどんな点が「女性にやさしい」のでしょうか。

 

そして、本当に一人でも安全に旅ができるのかも気になりますよね。

 

 ◆ この記事でお伝えしたいこと ◆

 ロンドンが女性一人旅にぴったりな理由

 ロンドン一人旅の安全対策

 

女性一人でも楽しく旅ができる街ロンドン。

より安心してロンドンステイを満喫するためのヒントをお届けします。

 

ロンドンは女性一人旅にやさしい街

画像ファイル

 

海外女性一人旅のおすすめ、というと必ずランクインするのがイギリスと、その首都ロンドン。

イギリスは日本から遠い国でもあるけれど、日本人にとって昔からなじみのある国です。

日本での外国語学習といえば、まず英語。

そして、両国とも立憲君主制。

日本の皇室は、イギリス王室とも親交が深いようですよね。

 

そんな理由もあって、イギリスについては、日本でもいろいろな情報が入りやすいんですよね。

でも、イギリスの首都ロンドンが「女性一人旅にやさしい」のは、なぜなんでしょうか?

 

< ロンドンが女性一人旅にやさしい理由 >

1)女性一人でも動きやすい

2)ロンドンでは多様な楽しみ方ができる

3)ロンドンではおひとりさまが気にならない

ロンドンが女性一人旅にやさしい理由、ひとつずつ見ていきます。

理由1. 女性一人でも動きやすい

画像ファイル

 

ロンドン市内は、交通網がものすごく発達しています。

地下鉄の路線数も多いし、バスも縦横に走っています。

ルートも、外国人にもわかりやすいんですよ!

 

ロンドンの地下鉄

ロンドンの地下鉄はチューブと呼ばれていて、本当に地下のチューブ状のトンネルを走ります。

だから天井が低くて車内が結構狭い!

画像ファイル

⇧ ロンドン地下鉄駅構内(天井が丸くてチューブ状)

チューブマップ(Tube map)と呼ばれる地下鉄路線図は、シンプルで外国人にもわかりやすく、接続も一目瞭然。

路線は、ロンドンの中心部から放射状に郊外にも延びていて、在来線とも随所で接続されています。

昔は、地下鉄の車内でサーモスボトルに入った紅茶をのんびり飲んでいる人とか、本当にみかけました。

「ああイギリス!」って感じでした。

(さすがに21世紀に入ってからは、「のんびりティータイム」の人を見かけたことはないですね…)

ロンドンのバス

ロンドンといえば、赤い二階建てバスというイメージありませんか?

実際にロンドンに行くと、本当にそのイメージ通りです。

びっくりするほどの本数が街中を走っていて、メインのルートだと、かなりの頻度でバスが来ます。

 

子供のようですが(笑)、二階の最前列に座ると本当に楽しいです。

目線が高くなるので、通りが見渡せるんですね。

そして、前に障害物がないので「ロンドンと自分の世界」。

 

画像ファイル

 

観光ガイドに出てくるメジャーなスポットを次々回って行くルートもあるので、バスに乗っているだけで観光できちゃうのもすごいところかも。

 

▼ ロンドンの地下鉄やバスのルート、料金など詳しくはロンドン交通局の公式サイトをチェックしましょう!

ロンドン交通局公式サイト(英語):

https://tfl.gov.uk/maps/bus

 

ロンドンは徒歩でもまわりやすい

世界有数の大都市とはいえ、ロンドン中心部の見どころは意外と徒歩でまわれたりします。

特にテーマ別に見たいところをピックアップすれば、かなり効率よくいろいろ見られるはず。

 

伝統のイギリス王室の雰囲気を味わいたいなら、バッキンガム宮殿を中心としたエリアを。

地下鉄セントジェームズパーク駅から、バッキンガム宮殿をはさんでハイドパーク側に歩くコースがおすすめ。

古き良きロンドンの雰囲気を味わいたいなら、テムズ河畔をそぞろ歩き、国会議事堂からウェストミンスター寺院へ抜けるのもステキ。

歴史の教科書や、テレビで紹介されるような超有名なスポットも、何ヶ所か合わせてロンドンウォーキングが楽しめます。

 

▼ 一人旅のロンドンの楽しみ方について、おすすめの街歩きルートもご案内した記事はこちらからどうぞ ➡︎ 【ロンドン女性一人旅】「おひとりさま」のロンドンはこう楽しもう!

 

タクシー

一人旅にやさしいロンドンの極め付けは、私の場合、タクシーを安心して使えることかもしれません。

 

女性一人だと海外のタクシーは警戒しちゃいますよね。

でも、ロンドン交通局の認定タクシーなら安心して利用できます。

いかにもロンドンらしい、黒塗りの「ブラックキャブ」がそれです。

 

画像ファイル

 

最近では、黒塗りだけでなく、茶色やラッピング広告の施されたタクシーも走っています。

このタクシー、運転手になるには難しい認定試験をパスしないといけないそう。

ロンドン中の道や施設をきちんと把握していないと合格できないので、しっかり勉強して数年かけて資格を取るらしいですよ。

 

ロンドン(イギリス国内も同じ)でタクシーに乗って、イヤな目にあった経験はありません(北米とか、けっこう怪しいタクシーが多いので…)。

運転手さんはみなさん丁寧だし、車内は広くてゴージャス。

そして、さすが、本当に道をよく知っています。

 

ロンドンを旅するなら、一度は乗って見る価値ありです!

 

ロンドンでは多様な楽しみ方ができる

いろんな楽しみ方ができるというのも、ロンドンが女子一人旅にぴったりな理由です。

 

歴史的建造物をめぐりたい ➡︎ 街じゅう至る所に歴史的建造物があります

シャーロックホームズゆかりの場所を訪れたい ➡︎ ホームズの住居ベイカー街221Bへ。

古代の世界に想いを馳せたい ➡︎ まずは大英博物館!

世界の名画をみたい ➡︎ ナショナルギャラリー、テートギャラリーへ

19世紀の工芸品をみたい ➡︎ ヴィクトリア&アルバート博物館をチェック

アンティークマーケットに行きたい ➡︎ まずはポートベローマーケットをチェック!

などなど、思いつくままにピックアップしてみましたが、ほかにもロンドンには見どころが山のようにあるんです。

それらの多くは、「ひとりでこそ、ゆっくり楽しみたい」タイプのものなんですね。

 

だから女子一人旅にぴったりなんです。

 

ロンドンでは「おひとりさま」が気にならない

東京も「おひとりさまが気にならない」街だと思いますが、ロンドンも同じ。

なぜでしょうね。

たとえば、パリは、やっぱりカップルや仲間同士が目立つんですよ。

 

たぶん、ロンドンは圧倒的に学生やビジネス客が多いので、「ひとりでいるひと」が目立たないからかもしれません。

もちろん、ロンドン市内どこに行っても大勢の観光客がいて、カップルだったり家族だったりするんですよね。

でも、一人の人もすごく多い印象があります。

一人旅の観光客が多いのは、きっとロンドンが比較的治安がよいという理由もありますよね。

 

ロンドンは安全な街なのか?

画像ファイル

 

漠然と、「ロンドンは比較的安全」と言ってきましたが、それはどの程度の安全さなのでしょうか。

ロンドンの治安はエリアによって全然違う

世界の大都市、パリやニューヨーク、ローマなどと比較した時、やはりロンドンのほうが安全だと一般的には言われています。

それでも、東京よりは犯罪発生率がぐんと高いそうで、一人旅ならより一層の警戒は必要でしょう。

特に、観光客狙いのスリや置き引きの被害にあわないように、注意を払うべきですね。

 

また治安の良し悪しはエリアによっても全然違うようです。

テムズ川の南側は、以前から治安が良くないと言われています。

昔から「治安が良くない」と有名なのは、次のエリア。

  • ブリクストン(Brixton)
  • エレファント&キャッスル(Elephant & Castle)

アフリカ系やカリブ系移民の人たちが多く暮らしているエリアですが、麻薬やドラッグの密売も行われていたりするようですよ。

なんか、カオス、っていう感じ。

車で通っても「ちょっと雰囲気が怖い…」と思ってしまうんですね。

 

女性一人であれば、近づかないのが一番かもしれません。

 

夜は要注意

東京なら、ごく普通に夜でも女性が一人で歩いていますよね。

ロンドンも、ビジネスマンや買い物客が行き交う昼間の街をみて、「なんとなく安心」と感じるかもしれません。

でも、やはり夜間は要注意です。

性犯罪も日本より多発しているようですので、夜間の外出には十分な注意を払う必要がありますね。

 

ロンドン一人旅リピーターの実感

イギリス大好き、ロンドン大好きで、イギリス語学留学をふくめ渡航回数は20回ほどの管理人。

その多くが一人旅です。

 

ロンドンは安全なのか?という問いへの私なりの答えは、

危険を避ける注意を払えば、一人でも大丈夫

です。

でも、あくまでも個人的な感覚です。

 

イギリス全体もですが、ロンドン市内でも危険な目に遭遇したことはありません。

ただ、一人の時は、いちおう安全を意識して行動するようにしています。

日中のロンドン中心部は、ちゃんと気をつけていれば東京で行動するのと変わらないかな、という感じですね。

 

< 旅の必要不可欠アイテム「インターネット」 >

旅の間の情報収集、交通機関の運行情報、日本の家族や友達との連絡に欠かせないのがインターネット接続ですよね。

グーグルマップなどで経路を辿りながら街歩きをしたい場合は、とくに必須アイテム。

もちろん、空港・カフェ・レストランやホテルなど、ロンドン市内には無料で接続できるWi-Fiがいたるところにあります。

ただ、安定した速度で安全に接続したいなら、海外用レンタルWi-Fiや現地のSIMカード購入がおすすめ。

海外Wi-Fiレンタル:
イギリスに行くならHISグループの海外WiFiレンタル【FAST-Fi】無制限プラン(1,280円/日)登場でSNSも動画も目いっぱい楽しめる!

出発前にレンタルできるので、現地であわてることなく安心です!

 

ロンドン一人旅のリスク回避術

画像ファイル

 

ここからは、女性一人でも安全にロンドンの旅を楽しむためのヒントをお届けします。

計画はしっかり立てておく

「風の吹くまま気の向くまま」が一人旅の醍醐味でもあるんですが、海外一人旅に関しては事前にしっかり計画を立てておくことをおすすめします!

旅の行動をシュミレーションする

旅立つ前に、現地の動き方(交通手段)を予習しておきましょう。

地下鉄の入り口で地図やガイドブックを出して、財布を取り出して…、というモタモタ行動こそスリ被害の格好の餌食。

旅立つ前の日本で、そして現地ではホテルで、行動計画を立てて「動き方シュミレーション」をしておくと安心です。

 

宿泊先は出発前に確保する

女性一人旅のロンドンなら、宿泊先は日本出発前に確保しておきましょう。

外国の街で、大きな荷物を抱えてウロウロするのは危ないし、宿泊先が未定のまま到着するのは一人旅にはリスクが大きくなります。

 

連絡先をまとめ、旅行計画は親しい人に渡しておく

また、連絡先をまとめてスマホやタブレットで管理し、紙に書いたものも持っていくと安心です。

旅の計画については、日本の家族や親しい友人(もしくは仲のいい同僚)に伝えておくようにするとさらに安心ですよ。

 

危険を避ける心得

旅の仲間がいる場合は、お互い助け合えるので心強いですよね。

一人旅の場合は、そうはいきません。日本を出発したら帰国するまで全部自分一人の責任。

なので、危険な目に遭わないよう、危険を避ける心得を知っておきましょう。

 

< ロンドン一人旅の危険を避ける心得 >

 貴重品の管理には十分な注意を

 リュックは危険

 スリ・置き引きはよくある被害!

 性犯罪の被害者にならないように、気をつけるポイントを守る

 

貴重品の管理には十分な注意を!

パスポートは日本を一歩出たら、命の次に大切なもの。無くしたり盗まれたりすると大変です。

パスポートのコピーは、紙とデータで持っておきましょう。

一応パスポートサイズの写真を予備で持っておくとなおよし、です。

 

クレジットカードや現金も、十分注意して管理します。

2つの財布に分けて入れておくなど、分散管理することで万が一の盗難時のリスクを減らすことができます。

 

貴重品は、斜めがけのメッセンジャーバッグなど体に密着させて持つと安心ですね。

 

リュックは危険

リュックは両手が空くのですごく便利ですよね。

ものもたくさん入ります。

でも、リュックに貴重品を入れてしまうのは危険なんです。

後ろは見えないので、ナイフなどで切りさかれてお財布を取られたというケースもあるんですね。

 

スリ・置き引きに注意

世界中どこに行ってもスリや置き引きは日常よく起きている犯罪。

ロンドンだって同じ。

「比較的治安がいい」とはいえ、日本とは全く違います。

 

カフェやファーストフードのお店で、貴重品を置いたまま席を離れるのは危険です。

テーブルの上にスマホを置いておいたら、さっと入ってきた人に持って行かれてしまったという被害も出ているようですよ。

 

性犯罪の被害に遭わないために

残念ながら、イギリスでの性犯罪の件数は日本の約10倍だそうです(人口は日本の約半分)。

*参照:外務省海外安全ホームページ「英国安全対策基礎データ」より

 

実際に街を歩いていたりすると、親しげに話しかけてきたり、コーヒーに誘われたりすることもけっこうあるんですよね。

軽いナンパぐらいの気持ちでついて行って被害にあうケースもあるらしいので、要注意です。

カフェに誘われ、ちょっとトイレにと席をたったすきに飲み物に薬物を入れられて…ということもあるそうですよ。

 

< 性被害に遭わないための対策 >

 一人旅なら夜間の外出には気をつけて、地下鉄やバスを使わず正規のタクシー(ブラックキャブ)を使う。

 治安のいいエリアのホテルに滞在する。

 ナンパに気軽に応じない。

 初対面の人の誘いについて行かない。

 

『たびレジ』に登録しよう!

外務省の海外安全情報がメールで配信される『たびレジ』。

国ごとの最新の安全情報がチェックできます。

イギリス旅行を考え始めたら、『たびレジ』の登録をお忘れなく!

外務省『たびレジ』のサイトはこちらから>>

⇨ https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_campaign/

 

▼ 女性一人旅のヨーロッパ、より安全に旅を楽しむポイントについてさらに詳しくはこちらの記事もどうぞ!➡︎ 【ヨーロッパ女性一人旅は危険?】安全な旅を楽しむ20のポイント!

 

まとめ

ロンドンは、女性の一人旅が似合う街だと思います。

 

なにより、交通網が発達していて、一人でも動きやすい 「旅行者に慣れた街」なんですね。

そして、古代ローマ時代から現代まで、長い歴史の中で世界をリードしてきた都市でもあります。

歴史的建造物、美術館、博物館など見所もいっぱいですし、ショッピングの楽しみも見逃せません。

 

しっかり情報を収集して、一人旅のリスクを知っておけば、きっと安心して旅の日々を過ごせることでしょう。

海外一人旅、思い切ってロンドンに飛んでみませんか?

 

▼ 一人旅をさらに楽しく安全に…。どこでも快適速度でインターネット接続できる海外Wi-Fiを出発前にレンタルして出かけましょう!

海外WiFiレンタルなら最大1台3役、HISグループのFAST-Fi

ABOUT ME
吉野まのん@英語生活
英語で暮らし、フランス語に悩み、日本語教育にも頭を抱えるヨーロッパ在住の昭和組。受験英語は超苦手だったのに「言葉としての英語」に惹かれ卒業後はイギリスに。カナダ・アメリカ・東京で長年働いたのち、ヨーロッパ移住。英語や外国語に関することや仕事のこと、外国生活のあれやこれやを発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください