英語と旅行

【海外旅行の言葉の不安】英語が苦手でも一人旅を楽しむコツと準備!

 

画像ファイル

 

画像ファイル海外旅行、次はぜひ一人旅に挑戦したい。

でも、英語も苦手だし、言葉が通じないのが不安。

 

こんにちは、まのん@ManonYoshino)です。

海外旅行、行きたいところを自由に見て回りたいなら、断然、個人旅行ですよね。

一人旅にも挑戦してみたい、という人も多いのではないでしょうか。

パッケージツアーは、添乗員さんがついてくれるので安心ですが、自分の思い通りには動けないんですよね。

いろいろ行きたいところがある

自分らしい旅がしたい

じっくり訪ねたい場所がある

 

でも、英語が苦手だし、言葉がとっても不安…、という場合。

けっこう、ここであきらめちゃっている人、いるんじゃないでしょうか。

 

先に最も言いたいことを言ってしまうと、

海外旅行に、そんなにすごい英語力は全く必要ない

です。

 

この記事では、

 海外旅行の言葉の不安をやわらげるアドバイス

 英語が苦手な人のための海外旅行準備のコツ

についてご紹介していきます。

「一人旅の海外旅行、意外と大丈夫そう…」と思っていただける情報ですので、ぜひご覧くださいね!

 

言葉が不安でも一人で海外旅行を楽しむには

画像ファイル

 

海外に一人旅というと、「旅慣れた人」「外国慣れした人」というイメージが先行していませんか?

一人で旅をしている日本人って、昔からわりとよくいます。

女性の一人旅の人も多いです。

 

旅先で知り合った一人旅の日本人のひとたち、バックグラウンドは本当にさまざま。

初めての一人旅という人もいるし、留学中の旅行という人もいるし、リピーターの人もいます。

言葉も「カタコト程度の英語ならなんとか」という場合も意外と多いですよ。

初めての一人海外、よくある不安

初めて一人で海外旅行をしようと考えるとき、不安に感じることはみんなだいたい同じことのようです。

一人で寂しくないか、楽しめるのか?

危険ではないか?

一人での食事が気まずくないか?

病気や怪我のときは?

言葉が通じなかったらどうすればいい?

 

特に、言葉の不安を感じる人は多いようです。

英語力はどれくらい必要か

海外旅行をするとき、まず必要な言葉といえば英語。

空港や、主要鉄道、ホテルなどでは、英語が通じる人がいることがほとんど。

世界の英語話者人口は13〜15億人と言われているので、まずは英語が理解できればなんとかなることが多いのです。

 

ただ、旅行者が実際に現地で、

「英語(もしくは現地語)での会話が要求される」

場面はそれほど多くありません。

 

空港チェックイン、買い物、ホテルでのチェックイン、レストランでの注文・支払いなど。

そして、そんなに難しい会話力は全然要求されません。

 

しかも、話す相手は、空港係員やホテルの従業員、レストランやカフェの従業員などです。

つまり、接客業の人や外国人とのやりとりに慣れている人たちなんですよね。

 

海外旅行の英語、複雑な内容はめったに必要ない。

話す相手は「外国人とのやりとりに慣れている」人が多い。

だから、意外と心配ない!

 

英語力がかなり必要になるケース

ただ、めったにないことですが、かなりの英語力が必要になるケースも全くないわけではありません。

それは、非常時です。

旅行中の急病や怪我、事故に遭ってしまったとき

盗難や犯罪に巻き込まれてしまったとき

パスポートや財布などをなくしてしまったとき

こういったときに、一人旅だとかなりの英語力を求められることになるかもしれません。

 

海外旅行の言葉の不安をやわらげる4つのアドバイス

画像ファイル

 

海外旅行に一人で行きたい、でも言葉が不安…という人へ、気持ちが楽になる4つのポイントをご案内して行きたいと思います。

アドバイス1.  それほど心配いらないことを知る

最も重要なのは、

「そんなに言葉の心配することはない」

ということです。

 

実際に英語力ほぼゼロでも、一人旅している人はたくさんいます

 

これを書いている私も、初めてイギリスを旅したときは「会話力ほぼゼロ」でしたよ。

でも、ちゃんと「なんとかなっちゃって、すごく楽しい旅ができた」わけで…。

 

旅行の会話で重要なのは、「伝えたい強い気持ちを持ってがんばる」こと。

単語を並べたり、身振り手振りを使ったり、いくらでもコミュニケーションの方法ってあるものなんです!

アドバイス2.  旅行で必要な言葉は限られている

私は、10代の頃にイギリスを数週間かけて旅しました。

旅に必要な英会話フレーズを、紙に書いて覚えないといけないくらい、会話力ありませんでしたね。

でも、旅の日々で使う言葉ってそんなに多くないんですよ。

【 旅行中に使う英語(外国語)

空港の保安検査・入国審査の定番フレーズ

宿探しの定番フレーズ

ショッピングでの定番フレーズ

レストランでの定番フレーズ

「旅先で出会った人と議論する」なんて、カッコいいですけれど、映画じゃないのでそんな機会はそうそうあるものでもないんです。

だから、基本のフレーズをしっかり覚えて(メモして)いけば、大抵の場合は大丈夫かと思います。

アドバイス3.  出発前のしっかり準備が決め手

一人旅ならなおさらですが、出発前にある程度しっかり旅の準備はしておくといいですよ。(荷物のことじゃないですよ)

現地の下調べはしっかりして、まごまごしたり迷ったりしないようにしておくと安心です。

 

また、宿泊先や交通など、日本で予約できるものはしておくのも基本。

 

さらに、旅の基本英語フレーズを書き出し、覚えておくのも大切です。

 

こうして日本を出発する前に、できる準備を完了させておくんです。

地図をみながら頭の中で、行動シュミレーションするのもおすすめ!

アドバイス4.  便利ツールを利用する

旅をする人のための便利なツールが続々登場していますよね。

スマホの地図やナビ、翻訳などのツールもガンガン活用しましょう。

 

一人旅や世界一周など、通な旅を楽しむ人にウケているのが AI 翻訳機。

スマホの地図アプリを使う人は多いですよね。

地図アプリを使いながら、同時に翻訳も必要!というときに、スマホサイズの翻訳機が便利なんだそうです。

 

「旅の基本英会話集」みたいな紙媒体しかなかった一昔前と比べると、めちゃくちゃ便利になりましたよね。

 

英語が苦手な人のための海外旅行準備

画像ファイル

 

ここからは、「英語がちょっと苦手…」という人が、海外旅行前にしておいたほうがいい準備についてご紹介していきます。

旅行で使う英語を覚える

海外旅行で必要な英語は、そんなに複雑なものではありません。

旅行ガイドブックの巻末にも、基本の旅の会話が記載されていたりしますよね。

基本のフレーズ+単語

を覚えておくといいです。

 

特に緊張しがちなのは、渡航先に入国するときの「入国審査」ではないでしょうか。

聞かれるのは、「滞在日数」と「渡航目的」。

これだけは、相手の質問フレーズも合わせて覚えておいたほうがいいでしょう。

 

でも必要以上に緊張する必要はないです!

 

ヨーロッパの入国審査、コワモテの審査官が意外とユーモラスなこともあり、日本語で応対してくれたこともあります。(アメリカとカナダのほうがピリピリ度高し)

それから、ショッピング中の決まり文句も、相手の言い方だけでも覚えておくといいかもしれません。

無言で商品を触られるのを嫌うお店も多いので、入店時のあいさつはお忘れなく。

 

▼  「店員の態度が不親切!」と評判のヨーロッパで、イヤな思いをしなくてすむコツとは?

画像ファイル
【ヨーロッパの店員は不親切?】お店でイヤな思いをしないコツとは楽しいヨーロッパ旅行でショッピング!でも、店員さんの態度がとても不親切でイヤな思いをしたという人、結構多いんです。日本の店員さんの丁寧な応対に慣れている私たちは、ヨーロッパのお店での接客態度にモヤモヤしがち。現地に住んでいる日本人だってしょっちゅう不愉快な思いをしていますが、その不愉快さを回避するコツをご紹介します。...

 

事前にできる予約は出発前に

女性一人旅なら絶対オススメするのが、

出発前の宿泊先の確保

です。

 

日本語で予約できるサイトなら、言葉の問題もなくて安心!

予約確認書を印刷したものも必ず持参しましょう。

 

到着後の移動手段も、予約が可能なものはできるだけ日本を出発前にしておくと安心。

(鉄道パスの購入を考えているなら、日本出発前に手配をしておかないと現地では買えません。)

 

そして、現地の交通機関や切符の買い方も、事前に情報をチェックしておくといいですね。

観光施設も、入場券を事前購入しないといけない場合があるので、これもネットで要チェックです。

現地情報をしっかり収集しておく

画像ファイル

 

交通手段だけでなく、

行き先の基本情報はしっかり収集してから出かける

ようにしましょう。

 

訪れる予定の都市や街の基本情報は、ガイドブックやネットで簡単に知ることができます。

地図や交通網案内図をよく見て、どこにどうやっていけばいいのかシュミレーションしておきましょう。

 

歴史的建造物、博物館、美術館などの観光スポットや、その周辺のカフェなどまでリストしておくといいですよ。

こうすることで、言葉が通じるどうか不安な気持ちも少し楽になるかと思います。

 

万が一のための準備もしておく

上記で、「英語がかなり必要になるケースは非常時」とお伝えしました。

「じゃあ、英語が苦手な私はどうしたらいいの?」💦

と思われるかもしれませんね。

 

大丈夫です!

こういうときのためにプロのサポートがあるんですよ。

万が一の非常時、起きてしまったときのために出発前に準備をしておきましょう。

海外旅行保険

海外旅行保険に加入することはとても大切

クレジットカード付帯の保険がありますが、旅費をそのカードで払わないと保険対象にならない場合もあるので確認が必要です。

また、現地での怪我や疾病の保障がしっかりしているかどうかも重要チェック事項です。

さらに、日本語でのサポート体制が24時間であることも重要です。

何かあったときに、すぐに助けてもらえる体制があるかどうか確認してくださいね!

クレジットカードは複数枚持つ

クレジットカード、海外では「信用」そのものになります。

意外と多いのが、使おうと思ったら磁気の異常などで使用不可になってしまうこと。

現金を引き出そうとしたら、ダメだった…というケースです。

 

ヨーロッパ内でも、「あ、このカード読み取れないので使えませんよ」ということがよく起こります。

この場合、他の店ではOKという場合も。

 

安全のためクレジットカードは2枚以上用意

しましょう。

そして、紛失や盗難時の連絡先は必ず控えておいてください。

海外公館の連絡先

海外で不測の事態にみまわれた…というとき。

盗難被害にあったとか、事故にまきこまれたなど、困ったときにアドバイスをもらえるのが現地の日本大使館や領事館。

パスポートを紛失したときにも、まずは大使館への連絡を。

とっさの時にすぐに連絡できるよう、スマホだけでなくメモ帳などに住所と電話番号を書いておくといいと思います。

画像ファイル海外で困ったとき、大使館や領事館でヘルプしてもらえることは、こちらの外務省のパンフレットに詳しく掲載されています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/taishi_2013.pdf

 

現地で動きやすいツールを準備する

英語や現地語が不安なら、「現地で動きやすくなるためのツール」も準備するといいかもしれません。

いつでも繋がるインターネット環境を

スマホをいつも持ち歩いている人も多いでしょう。

もちろん海外旅行にも持って行きますよね。

ただ、気になるのは海外でデータ通信をしたときの通話料じゃないですか?

 

フリーWi-Fiなんてどこでもあるから大丈夫でしょ!

と、思っていませんか?

いやいやいやいや…、必要に迫られた時に限ってWi-Fi つながる場所が見つからなかったり、不安定だったりするもんなんですよ。

 

滞在先の空港でプリペイドSIMカードを買う、という方法もありますよね。

でも、空港のどこで、どうやって、どんなSIMカードを買っていいのかわからない時不安…という場合。

日本から海外用のポケットWi-Fiをレンタルして出かけるのもひとつの手ですよ。

 

< 旅の必要不可欠アイテム「インターネット」 >

旅の間の情報収集、交通機関の運行情報、やっぱりネットにはいつでも接続できる状態でいたいもの。

空港・カフェ・レストランやホテルなど、無料で接続できるWi-Fiも多いのですが、けっこうデメリットもあります。

安全性が心配、速度が安定していない、そもそも必要な時に必ず使えるわけじゃない!…など、無料Wi-Fiだけだと限界がありがち。

安定した速度で安全に接続したいなら、海外用レンタルWi-Fiや現地のSIMカード購入がおすすめ。

海外Wi-Fiレンタル:

【FAST-Fi】HISグループのWiFiレンタル、海外も国内も快適通信!
国内大容量プラン【5GB/日】登場!1日400円(税抜)~

出発前にレンタルできるので、現地であわてることなく安心です!


 

翻訳機にも頼ってみる

スマホの翻訳機能も使いやすいけれど、

専用のAI 翻訳機があるとさらに便利

です。

 

観光中って、スマホはメッセージのやり取りやネット検索、カメラとして使っているという人、多いのでは?

そういう場合、スマホでやりたいことを中断せずに、目の前の相手と会話ができちゃう翻訳機を持っているといいかもしれません。

 

世界を自由に見て回りたいけれど、「英語がイマイチ不安…」という場合。

急に英会話力をつけるのも大変ですよね。

海外一人旅には、ポケットサイズで61ヶ国語対応のAI翻訳機POCKETALK(ポケトーク)がとても便利。

スマホは、メッセージのやり取りやネット検索、カメラとして使いたいもの。

「通訳機」兼用として使うと、スマホでやりたいことを中断しなくてはいけないんですよね。で、ちょっと不便。



エントリーモデルならかなりお手軽です!

▶︎ ポケトーク公式サイトをチェックする:POCKETALK(ポケトーク)

 

超短期留学と組み合わせる旅

画像ファイル

 

海外に一人で行ってみたいけれど、言葉の不安もあるし、知り合いもいない国だと心配…。自分にはムリかな…。

 

いえいえ、あきらめるのは早いです。

どうしても一人で行くのが不安という場合、留学しちゃうという方法もあるんですよ!

超短期留学は海外一人旅のもう一つの形

留学なんて、もっとムリ!

と、思うかもしれませんよね。

もちろん、海外の大学や、大学院に正規留学するには、それなりの準備も資金も必要です。

高度な英語力も要求されるでしょう。

 

でも、ここでご紹介したいのは「ちょっと行ってくる」留学。

超短期で参加する語学留学です。

なんと最短1週間から入学可能な学校もあるんですよ。

休暇+短期留学という旅

もし、2週間の休暇が取れるなら…。

休暇と短期留学を合わせて旅をすることができます。

 

例えば、イギリス。

こんな感じで2週間の休暇を過ごしてはいかがでしょうか。

日程曜日行動
1午前の便でロンドンへ。同日午後、ロンドン着。宿泊先へ。
2ロンドン観光(日本から申し込めるツアーに参加)
3午前:語学学校1日目  午後:ロンドン市内散歩
4午前:語学学校2日目  午後:大英博物館
5午前:語学学校3日目  午後:学校で知り合ったクラスメートとお茶
6午前:語学学校4日目  午後:ナショナルギャラリー
7午前:語学学校5日目  午後:ユーロスターでパリへ
8パリ市内観光
9午前:ルーブル美術館  夕方:ユーロスターでロンドンへ
10午前:語学学校6日目  午後:ウィンザー城見学
11午前:語学学校7日目  午後:ショッピング
12午前:語学学校8日目  午後:ショッピング
13午前:語学学校9日目  午後:オックスフォード半日旅行
14午前:語学学校10日目  午後:クラスメートとランチ&観光
15東京に向けて出発
16午前、東京着。

 

これなら不安少なく海外一人旅できますよね!

 

▼  休暇を利用して行く超短期留学で、語学力を身につけながら ミニ海外生活も楽しんでみませんか。

画像ファイル
女性海外一人旅したいけど英語ができない?新しい旅の形は休暇&留学!女性海外一人旅に憧れるけれど、英語ができない…。不安がつきものの初めての一人海外旅行に、元海外ソロトラベラーから新しいアイディアをご紹介します。休暇を利用して行く超短期留学で、語学力を身につけながら ミニ海外生活も楽しんでみませんか。...

 

まとめ

海外旅行に行きたい、一人旅したい…。でも言葉がとっても不安。

英語や、行き先の国の言葉ができないと、「大丈夫かな?」と心配になるものです。

でも、実際に行ってしまうと「結構なんとかなる」もの。

言葉の不安があるので海外一人旅を躊躇してしまう人へのアドバイスと、準備のコツをご紹介しました。

【 不安をやわらげる4つのアドバイス 】

  1. それほど心配いらないことを知る
  2. 旅行で必要な言葉は限られている
  3. 出発前にしっかり準備する
  4. 便利ツールを利用する

【 英語が苦手な人のための旅行準備 】

  1. 旅行で使う英語を覚える
  2. 事前にできる予約は出発前にしておく
  3. 現地情報をしっかり収集する
  4. 万が一のための準備をしておく
  5. 現地で動きやすいツールを準備する

 

しっかり準備して、あとはリラックス!

「意外と言葉、通じた!」とポジティブ体験になると思いますよ。

 

 

ABOUT ME
吉野まのん@英語生活
英語で暮らし、フランス語に悩み、日本語教育にも頭を抱えるヨーロッパ在住の昭和組。受験英語は超苦手だったのに「言葉としての英語」に惹かれ卒業後はイギリスに。カナダ・アメリカ・東京で長年働いたのち、ヨーロッパ移住。英語や外国語に関することや仕事のこと、外国生活のあれやこれやを発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください