英語と旅行

【海外一人旅】女性が困ること8つと安全に旅を楽しむための方法!

 

画像ファイル

 

画像ファイル一人旅で海外に行きたいです。

でも、ちょっと不安…。

女性ならではの旅の困りごとって何?

その対策も知りたいです!

 

こんにちは、まのん@ManonYoshino)です。

女性一人の海外旅行、行きたいけれどやっぱり不安。

現地で、何か困った時に自分一人でどうすればいいのか、ちょっと心配ですよね。

 

でも、一人旅の海外、実はいろんな可能性に溢れています。

自分のペースで旅ができる

意外な出会いがある

自分を見つめる時間が持てる

人生の転機のきっかけがつかめる

 

「なんとなく不安」で一歩踏み出せないなという時は、その不安を知ることが一番です。

 

この記事では、安心して一人旅を楽しむための

 一人旅の海外で女性が困りがちなこと

 海外で困らないための対策

を、お伝えします!

「旅したい、でも…」と迷われているかた、ぜひご覧ください!

 

女性の海外一人旅で困ること

画像ファイル

 

女性一人旅、実は「最近のトレンド」じゃないんですよ。

昔から一人旅をする女性、けっこういました。

海外でも、日本人女性の一人旅客は以前から珍しくありませんでしたよ。

 

その女性一人旅、最近ぐんと「メジャー」になってきました。

雑誌や書籍でも「おひとりさま」の旅がよく取り上げられますよね。

自分だけの非日常感を満喫する…、憧れている人も少なくないはず。

 

私も国内・海外合わせて数えきれない一人旅を経験しました。

家族や仲間との旅も、もちろん楽しい。

でも、一人旅にはその楽しさとはまた違う面白さがあるんです。

 

とはいえ、楽しい反面、女性一人だから困ってしまう場面もあるんですよ!

荷物

一人旅でも、やはり荷物は大きくなってしまう…という人もいるでしょう。

海外旅行なら、なおさら。

着替えなど身の回りのものだけでも、けっこう荷物になりますよね。

 

荷物を自分で運ぶのは、もちろん一人旅の基本なので覚悟の上。

それでも、重いスーツケースの上げ下ろしはちょっと辛いときもあります。

 

一番困るのは、移動時。

スーツケースや大きなバッグを、ずっと自分と一緒に持ち歩かないといけないのは、やはり少し大変。

仲間が一緒なら、交代で荷物番ができるんですけど…。

ちょっと駅の売店へ、というときでも荷物を置きっぱなしにはできないんですよね。

トイレ

トイレも女性一人旅の悩みのタネ。

 

まずはトイレの場所。

海外では街中でも田舎でも、簡単に公衆トイレが見つからないことが多いです。

バーなどに入って、飲み物を注文しつつトイレへ、ということがけっこうあるんですよね。

こういうとき、誰かと一緒なら気軽にバーに入り、交代でトイレに行けるんですが、ひとりだと躊躇してしまうこともあります。

 

そして、トイレに行くときに荷物をどうするかも困りごと。

空港などでは、個室が大きいトイレもあるのでスーツケースごと入れます。

大きな荷物を持っての移動中に、トイレに行きたくなると本当にこまってしまうんですよね。

食事

「一人旅が好きなら、おひとりさまの食事も好きなんでしょ?」

なんて思っていませんか?

 

でも、一人旅リピーターさんたちの多くが、実は旅先の一人ごはんは苦手と感じているようです。

仕事中のランチタイムなら、一人で外食もそんなに苦にならないと思います。

 

でも、旅先の一人ごはんって、けっこう勇気がいるものなんですよ。

ヨーロッパなんてなおさら勇気が必要。

 

レストランでの夕食は、やはり周りは家族連れやカップルばかり。

一人で入るのには、かなり勇気がいる場合も多いです。

治安

女性一人だと、旅先の治安も気になりますよね。

よく事前に情報収集しないと、治安の悪いエリアに気づかずに足を踏み入れてしまうことも。

地元の人しか知らない怪しいエリアとかもあるもの。

また、昼と夜ではまったく様子が変わってしまうエリアもあります。

昼は普通に会社員が歩いているのに、夜になると一変して危険な匂いがする、という犯罪多発エリアも。

病気や怪我

旅先での病気や怪我…。

一人旅だと本当に困ってしまいそうです。

ちょっとした発熱とかでも、家族や友達が一緒なら心強いもの。

ましてや怪我で動けない、などというときは誰かの助けが必要になります。

 

一人で旅している時には、いつも以上に体調や行動に気をつける必要がありますよね。

宿泊代

欧米のホテルの多くが宿泊代を「室料」として請求します。

シングルルーム自体がほとんどないホテルだってあり、ダブルベッドを一人で使っても二人で使っても同料金。

 

宿泊代に関しては、やはり一人旅は割高になりがちですね。

言葉

海外旅行の場合、頼れる人が自分だけとなると、言葉が不安という人も少なくないでしょう。

仲間がいれば、相談し合いながらなんとかクリアしてしまえる言葉の問題も、一人旅では当然、自分一人で外国語のやりとりをしなくてはなりません。

孤独

選んで一人で旅立ったとしても、旅先で寂しくなることってけっこうあります。

仲良さそうなカップルや、幸せそうな家族連れ、にぎやかな友達旅の人たちが気になってしまうことも。

昼間はエネルギッシュに行動していても、夜の食事どきや、ホテルでの長い時間に、「孤独だなあ」なんて思ってしまいますね。

海外一人旅で困らないための対策

画像ファイル

 

一人旅の人が困ってしまいがちなことについて、上記8つのポイントでご紹介しました。

 

「一人旅、大変そう…。憧れていたけど、無理かも」

なんて思わないでくださいね。

ちゃんと準備しておけば、大丈夫ですから!

 

ここからは、困らないための対策をご案内していきます。

 

忘れてはいけない大切なこと

まず、すっごく大切なことがあります。

次にあげる6つの準備だけは絶対していってくださいね。

海外一人旅なら絶対忘れてはいけない大切な準備

① たびレジ登録

② パスポートコピーとデータ

③ 緊急連絡情報(在外公館、緊急連絡先)

④ 旅行保険

⑤ スマホのモバイルバッテリー

⑥ ポケットWi-Fi

簡単に一つずつ説明します。

『たびレジ』登録

『たびレジ』というのは、外務省の海外安全情報の無料メール配信サービスです。

登録すると、交通機関のストライキ、事件や災害など旅行する国の現地情報がリアルタイムで届きます。

また、日本の留守家族や友人などを連絡先として登録しておくと、同じ情報が届きます。

心配して帰りを待ってくれている大切な人たちへの安心にもつながります。

渡航先が決まったら、『たびレジ』登録をお忘れなく!

 

外務省『たびレジ』をチェックする

⇨ https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_campaign/

パスポート情報

自分でもうっかりしがちなポイントなんですが、パスポートのコピー!

紙に印刷したものと、スキャンしたデータをスマホやPCに保存して持参しましょう。

もし、盗まれたり紛失してしまった時、すばやく行動することができます。

緊急連絡情報(在外公館、緊急連絡先)

渡航先の日本大使館や領事館、クレジットカードの緊急連絡先、旅行保険のサポートセンターなどの住所や電話番号をぜひ控えておきましょう。

これは、パスポート情報と同じく、紙に印刷したものと、スマホなどにデータでも持つようにします。

「え、今どき紙に印刷?」

と思うかもしれませんが、スマホをすられた、ひったくりに遭ったなどという時、紙情報が役に立つこともあるんですよ。

海外旅行保険に加入

クレジットカードに海外旅行保険が付帯されているものって多いですよね。

でも、「付帯条件」をチェックした方がいいですよ。

そのクレジットカードで旅行代金を支払った場合のみ、旅行保険が有効になるものもあります。

また、補償金額が適切かどうかも知っておきましょう。

海外での入院・治療費はびっくりするような金額になることもあるので、旅行保険は加入して出かけることをおすすめしますね。

スマホのモバイルバッテリーを持っていく

旅行先では、いつも以上にスマホを使う場面がありがち。

ネットで情報を検索したり、マップをチェックしたり…。

で、思わずバッテリー残量がとてつもなく少なくなっていたりします。

現在地が分からなくなってしまった、などのときにスマホが使えないと困りますよね。一人だからなおさら困ります。

なので、モバイルバッテリーは一人旅の必須アイテムです。

ポケットWi-Fiもあると安心

フリーでWi-Fi接続できるところも多いですが、いざどうしてもネット接続が必要な時になってつながらなかったり…。

現地の空港でプリペイドSIMカードを買うという方法もありますが、慣れない外国の空港でSIMカード売り場を探して、セットして…、って考えるとハードル高そうですよね。

そういうときは、海外用のポケットWi-Fiをレンタルして持っていくと安心です。

一人旅を楽しむためには、「安心」を準備するのがコツです。

 

▶︎▶︎ 旅の必要不可欠アイテム「インターネット」

旅の間の情報収集、交通機関の運行情報、やっぱりネットにはいつでも接続できる状態でいたいもの。

空港・カフェ・レストランやホテルなど、無料で接続できるWi-Fiも多いのですが、けっこうデメリットもあります。

安全性が心配、速度が安定していない、そもそも必要な時に必ず使えるわけじゃない!…など、無料Wi-Fiだけだと限界がありがち。

安定した速度で安全に接続したいなら、海外用レンタルWi-Fiや現地のSIMカード購入がおすすめ。

▼ 海外Wi-Fiレンタル【グローバルWiFi】公式サイト>>世界中でインターネット!グローバルWiFi

出発前にレンタルできるので、現地であわてることなく安心!しかもグローバルWiFiならコンビニでも受け取れます

サポートも充実していて、電話・メールだけでなく、SkypeやLINEでもOK。もちろん24時間サポートを受けられます。これは海外旅行者にとっては重要ポイントですよね!



公式サイトはこちらから:海外インターネット
グローバルWiFi

 

荷物で困らないための対策

一人旅では、いったん家を出たら帰り着くまで、荷物は全部自分で運ぶことになります。

自分で運べる範囲の荷造りを心がけましょう。

とはいえ、海外旅行の場合はやはり荷物は多くなりますよね。

基本は、

 シワにならない、軽い素材の服を中心につめる。

 シャンプーやソープなどは現地調達も。

 余分なものは出来るだけ減らして軽量を心がける。

ですが、いちばん重いのはスーツケース!

超軽量タイプもどんどん登場しているので、できるだけ軽くて、かつ作りのしっかりしたものを選ぶのがコツです。

 

個人的におすすめなのは、やはり老舗サムソナイトのもの。

我が家のスーツケースも家族人数分、大小サイズともサムソナイトです。

サムソナイトの中でも、製品はどんどん進化を続けているようで、『シーライト』というシリーズは超軽量ですよ。(レンタルで人気の『コスモライト』の新バージョンですね)

旅行中しかつかわないのに、買うのはもったいないという場合は、レンタルもおすすめ。

日本最大級のスーツケースレンタル【アールワイレンタル】 なら、300種類以上の国内外ブランドを常備。

レンタルの利点は、旅の日程に合わせてサイズが選べるということと、保管スペースが要らないということではないでしょうか。

【アールワイレンタル】 では、他社のサイトよりお得な価格が保証されているので、なにかと出費の多い海外旅行時には強い味方と言えます。


>>スーツケースレンタルは日本最大級の品揃え【アールワイレンタル】

旅行中のトイレ対策

海外旅行で、トイレに困ってしまったという経験、わりとあるんじゃないでしょうか。

日本のように、コンビニや公園、スーパーやドラッグストアなどで簡単にトイレが使えない場合が多いんです。

いざという時に困らないためにどうしたらいいのでしょうか?

① 大きな荷物を持っての移動中なら、電車内や空港などでトイレを済ませておくことをおすすめします。

② 移動日には、利尿作用のあるコーヒーや紅茶などのカフェイン飲料は控えめにすることも大切。

③ 「ここには必ずトイレがある」という場所をしっかり把握しておくようにする。

必ずある場所:大きな博物館・美術館、百貨店、ショッピングモール、ホテル

意外とない場所:駅、公園(あっても故障中の場合も)

 

海外旅行のトイレ事情、詳しくは次の記事でもご紹介しています。よかったら、ぜひご覧くださいね!

▼ 女性の海外一人旅で、意外と困ってしまうポイント「トイレ」。荷物はどうしたらいいの? トイレが見つからなかったら? 一人旅のトイレの不安解消に!

画像ファイル
【女性一人旅】けっこう困る海外旅行のトイレ事情と安心の対策とは?女性の海外一人旅で、意外と困ってしまうポイントは「トイレ」です。荷物はどうするとか、見つからないときどうするとか、一人旅のトイレの悩みにおこたえするトイレ対策をご紹介します。...

 

食事で困らない対策

海外一人旅リピーターに「一人旅で困ることは何?」と聞くと、「食事」と答える人が少なくありません。

 

私も海外一人旅経験は50回以上なんですが、一番苦手なのはヨーロッパでの一人晩ごはんです!

ヨーロッパって、レストランはグループ(家族)やカップルが食事を楽しむ場所。「美味しい」と評判のレストランで、「おひとりさま」を見かけることは滅多にないんです。

 

そこで、一人旅をしょっちゅうしていた頃、一人晩ごはん対策をいろいろ考えました。

【一人旅の食事、やっぱり恥ずかしい?】こうすれば気楽に楽しめます!」という記事でも詳しく書いていますが、おおまかには次のようなものです。

一人旅の食事を楽しむアイディア

 ビジネスタイプのホテル内のレストランを利用する(一人客が比較的多いので気が楽)

 外食しやすいエリアに宿泊し、カフェなど一人で気軽に入れそうな店を選ぶ

 テイクアウトしてホテルで現地の味を楽しむ

 ちょっと値のはるレストランはランチで楽しむ

 

▼ さらに詳しくは、ぜひこちらの記事もご覧ください!

画像ファイル
【一人旅の食事、やっぱり恥ずかしい?】こうすれば気楽に楽しめます!一人旅はしたいけれど、一人で食べる食事は、なんだか人の目が気になって恥ずかしくて苦手という人、結構います。国内・海外たくさんの一人旅をした経験から「旅先の一人ご飯のコツ」ご紹介します! ...

 

危険な目にあって困らないために

女性一人なので、まずは治安の悪いエリアには近づかないのが一番!

とはいえ、外国なので「治安の良し悪し」って旅行者にはわかりにくいんですよね。

まずは、上記の「忘れてはいけない大切なこと」でご案内した、外務省の『たびレジ』には必ず登録しておきましょう。

ざっくりした情報ですが、ヨーロッパでは実は大きな駅の周辺はあまり治安が良くないことが多いです。

また、昼は安全そうに見えても、夜になると雰囲気が一変するエリアもあります。

女性一人の旅では、夜間の外出はできるだけ避けた方が無難。

 

さらに、SNSでの発信は要注意です!

綺麗な景色のところとか、外国での体験、シェアしたくなってしまいがちです。

でも、リアルタイムでどこにいるかわかる発信は危険かもしれません。

 

病気や怪我で困らないために

「病気や怪我には注意しましょう」というのは簡単ですが、突然の病気や事故、防ぎようのないことが多いです。

一人で旅する海外での不調や怪我、とっても心細いですよね。

万一、本当に病気になったり怪我したりしたら、どうしたらいいのか分からなくなる人がほとんどなのではないでしょうか。

そのために、大使館や保険会社などの緊急連絡先はばっちり控えておきましょう。

スマホにはデータで保存し、メモやプリントしたものも準備。

海外旅行保険も、きちんと内容をチェックしておきましょう。

いざという時に、ぜんぜん役に立たない入院補償だった、なんてことにならないよう…。

 

そして、常備薬や解熱剤など、慣れたものを日本から持っていくこともお忘れなく!

宿泊の困りごと対策

可能な限り、日本出発前に現地の宿は確保しておくべし!です。

特に、滞在地到着が日没後になりそうな場合は、できるだけ交通の便利な場所のホテルが安心です。

 

一人旅の宿泊代が割高になるのは、もうこれはどうしようもないかと思います。

わりとリーズナブルなのは、チェーンで展開しているホテル。

早めに予約することで、割引になることも多いです。

 

最初から「シングルルーム」を用意している宿泊施設もありますよ。

イギリスのB&B(ベッドアンドブレックファースト)の多くは、室料ではなくて一人当たりの宿泊料で設定されている場合も。

(もちろん、複数人で泊まった方が割安ですが)

言葉の困りごと対策

観光の旅であれば、だいたいどこに行っても英語でなんとかなることが多いです。

それも、すごい英語力は全然必要なくて、カタコト英語でしっかり世界を回っている旅人も少なくありません。

 

準備することといえば、英語の旅行用基本フレーズを暗記しておくことでしょうか。

 

ただ、基本のあいさつくらいは現地語で覚えて行ったほうがいいです。

迎える現地の人からしたら、外国人が自分の国の言葉で挨拶してくれるとうれしいものですから。

また、ほかにも言葉で困らないようにする対策として、おすすめするのは次の2つです。

 ミニ翻訳機を持っていく

 旅行前に週末英語合宿に参加する

 

▼ 海外旅行、言葉が不安?そんなに心配しなくても大丈夫です。言葉の不安解消のための準備やアイディアはこちらの記事でご紹介しています!あわせてどうぞ。

画像ファイル
【海外旅行の言葉の不安】英語が苦手でも一人旅を楽しむコツと準備!海外旅行に一人で行ってみたいけれど、言葉が不安。英語や外国語が苦手でも一人旅を楽しんでいる人はたくさんいます。言葉の不安をやわらげて楽しく旅をするための準備とコツをご紹介します。 ...

 

寂しくて困ってしまったらどうする?

寂しさを味わうのも一人旅の良さです。

これは断言しちゃいます!

あとで、旅を振り返った時、きっとその寂しさを懐かしく思い出すことでしょう。

 

寂しさを感じるのは、主に「楽しそうな仲間や恋人との旅を見たとき」「夜一人で宿で過ごすとき」ではないでしょうか。

こういう時こそ、旅日記を書いてみるとか、自分のこれからのことをじっくり考えるとか、スローな時間を楽しんでみてください。

できたら現地のテレビ番組をチェックするのが、旅っぽくていいんですが、ホームシックになりそうなら日本のテレビ番組を見るのも一つの手です。

Wi-Fiさえ繋がれば、VPN経由で日本の動画も簡単にみられるので…。

VPN経由で日本の動画を見るにはどうする?

海外から、日本のVODサイトにアクセスすると、

画像ファイル

という画面になってしまって、動画をみることはできません。

 

でも、VPN(仮想専用線)を経由することで、視聴が可能になります。

VPNを経由するとセキュリティも高まるので、ネット通販やテレワークも安心です。

うちは家族全員ずっとNordVPNを利用しています。

一つのアカウントで最大6台のデバイスに接続できるし、高速なので動画も全くストレス無しに見られて助かっていますね。

60カ国5200以上のサーバーがあるそうで、どこにいても快適で安全なインターネットを利用できます。

▼ NordVPN公式サイトでチェックする ⇨日本公式サイト【Nord VPN】



>>日本公式サイト【Nord VPN】

まとめ

女性が海外一人旅をするうえで、旅先で困りがちな8つのことと、その対策についてご紹介させていただきました。

旅行前に知っておくことで、心の準備もできるし、また、万一の備えもできます。

一人での旅は、いろいろ心配になることも多いでしょう。

でも、いっぽうで一人でなくては味わえない感動もたくさんあります。

次の機会には、ぜひ思い切って一人旅にでかけてみませんか!

 

ABOUT ME
吉野まのん@英語生活
英語で暮らし、フランス語に悩み、日本語教育にも頭を抱えるヨーロッパ在住の昭和組。受験英語は超苦手だったのに「言葉としての英語」に惹かれ卒業後はイギリスに。カナダ・アメリカ・東京で長年働いたのち、ヨーロッパ移住。英語や外国語に関することや仕事のこと、外国生活のあれやこれやを発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください