英語で話す(スピーキング)

【英語の速習法】すぐ「英語が話せる人」になりたい人にはこの方法!

 

画像ファイル

 

春といえば、新入学、新社会人、、というふうに新年度が始まる季節。

異動や転職で新しい仕事に挑戦する人も多い季節ですよね。

英語が必要な部署に配属になって、大慌てでサビついた英語をなんとかしなくちゃ!と焦っていませんか?

この春「異動」Aくん
この春「異動」Aくん
忘れかけてる英語、すぐに使える英語をなんとかすぐに身に付けたいよーー!
新入社員Bさん
新入社員Bさん
手っ取り早く英語が上達する方法ってないの???

こんにちは、まのん@ManonYoshinoです。

うーん、「手っ取り早く」と言われても、難しい。「ローマは1日にして成らず」、語学の習得にはやはりそれなりの時間と努力が必要です!

でも!思い出してください。学校で、すごい時間数の英語、勉強しませんでしたか?

受験勉強で、やれ文型だ、イディオムだと、詰め込みませんでしたか?

忘れていると思っている英語を、呼び覚まして集中的に取り組めば、きっとびっくりするほど上達するはず!

ホントに、自分を含め、会社の同僚たちも「短期集中」で効果を上げていました。

急に仕事で英語が必要になって、がむしゃらに取り組んだら短期間で、なんとか使える英語ができるようになった!という人、たくさんいるんですよ。

 

忘れかけてる英語、自信のない英語を短期集中で磨いて新年度から「英語のできる人」になる速習法アイディアをご紹介します!

 

あなたには、もうすでに英語の基礎がある!

画像ファイル

英語の習得に必要な時間は?

アメリカ国務省の FSI(The Foreign Service Institute)が示した、言語の習得難易度によると、英語のネイティブスピーカーにとって日本語はもっとも難しい言語の一つなんだそうです。

その逆に、日本人が英語を習得しようとする場合も、同じように「もっとも難しい!」わけですね。

2,200時間の授業が必要だそうです。

アメリカやカナダの大学の調査では、3,000 〜 5,000 時間の学習が必要だというデータもあるようです。

詳しくは、「【衝撃の報告!】英語習得に3,000時間必要ってホント?」をご参照ください。

画像ファイル
【衝撃の報告!】英語習得に3,000時間必要ってホント?日本人が始めたい習い事の常にトップを占める外国語習得。なかでも英語は身近な存在と言えますが、英会話教室に通ってもなかなか上達しないことが多い。英語を実務レベれるで使いこなせるようになるには、なんと3000時間〜5000時間の学習が必要?...

日本人には「学校英語&受験英語」がある!

「ええーーっ、今さら英語に3,000時間なんてムリ!」

と、言いたくなりますよね。

でも、私たち日本人には「うんざりするほど勉強させられた」学校英語と受験英語の経験があることを思い出してください。

学校の英語なんて忘れている部分も多いですが、ちょっとだけ頑張れば「昔たたきこんだ基礎」は、蘇るかもしれませんよ。

 

日本の中学・高校の6年間で、だいたい 700 〜 800 時間の英語授業があります。

大学の教養課程でさらにプラス 200 時間程度。

合計で、だいたい 1,000 時間くらいは、学校の教室だけで学習しているんです。

塾や予備校に通った人も多いでしょうし、通信教育で受験対策をした人も多いでしょう。自宅でも英語学習頑張ったよー!という人もたくさんいますよね。

だから、あなたのなかには「英語の基礎」があるんです。

「英語ができる人」への “きっかけ”をつかむ!

画像ファイル

「英語ができる人」になるには、次のような条件が必要だ、なんて思っていませんか?

  • もともと語学のセンスが抜群
  • 帰国子女
  • 海外留学の経験がある

 

確かに、語学にはセンスが必要だと言います。また、外国生活で英語を毎日使って暮らした経験は強いです。

でも、帰国子女でもなく、海外留学もしていないけれど、ちゃんと仕事で使えるレベルの英語を話せる人はたくさんいます。

ぜったいモノにするぞという覚悟と、ちょっとしたきっかけで、英語はぐんと身近な言葉になります。

自宅でできる英語の速習法

画像ファイル

地道にこういう手もある!

まだパソコンもスマホも世の中になかった(一般人は持っていなかった)時代。

わたしの話で恐縮ですが、ガツンと英語を伸ばしたくて「自主的英語キャンプ」してましたねーー。

  • 娯楽は外国映画(英語のみ)と海外ドラマ。家にいるときはずっとビデオで流していました。
  • さらに、英会話教材の音声を流してシャドーイング。
  • 1日の出来事を、英語日記に。
  • ベッドの中では英文の小説を読む。

なかでもシャドーイングと、英文読書はとても効果的だったと思います。

 

シャドーイングに関しては、次の2つの記事で詳しく書いています!

画像ファイル
【英語力が絶対アップする】英語学習にはシャドーイングが効果的!英語での会話力リスニング(聞き取り)力と、スピーキング(話す)力の両方が重要です。その両方を鍛えることができるのが同時通訳者養成の訓練法、シャドーイング。楽しみながら上達できるシンプルアプローチを紹介。...
画像ファイル
【英語力が絶対アップ!】シャドーイングの4つの効果とおすすめ教材英語での会話力リスニング(聞き取り)力と、スピーキング(話す)力の両方が重要です。その両方を鍛えることができるのが同時通訳者養成の訓練法、シャドーイング。なぜ効果的なのかを説明する4つの理由と、手軽に取り組めるおすすめ教材とは?...

オンライン英会話をフル活用!

自宅で、ひとりで。。。となると、ただ机に向かっていても続かないですよね。そういうときは、オンライン英会話にトライしてみてはいかがでしょうか。

オンライン英会話では、安定した人気を誇るレアジョブ英会話がオススメですよ。

低価格な上に、なんと早朝6時から深夜1時までレッスン可能

しかも、スカイプ経由が主流のオンライン英会話のなかで、レアジョブ英会話ならPCサイトや公式スマホ&タブレットアプリで簡単にレッスンを受けることもできますよ。

 

まずは無料体験レッスンで試してみてはいかがでしょうか。

無料体験レッスンをチェックする >>ワールドビジネスサテライトや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介 「レアジョブ英会話」

 

*レアジョブ英会話はアプリからもチェックできます!

レアジョブ英会話
レアジョブ英会話

 

短期集中の英語講座の速習法

画像ファイル

また、どうしてもすぐに英語が必要な人のために、2ヶ月集中の講座や、土日の2日間という超短期の合宿講座など、短期集中講座もあります。

語学の習得には、絶対に「勢い」が必要だと思うので、こういった短期集中講座は理にかなっていると言えます。

画像ファイル
【英語初心者におすすめ】 短期集中で頭の英語スイッチをいれよう!英語を身につけるための二通りのアプローチ、短期集中型と長期型。最初のやる気をフルに活用して、一気に語学力の上達を目指す短期集中型の学習法をご紹介します!...

週末2日間の超短期プログラム

今話題の超短期英会話プログラム、イングリッシュブートキャンプ

週末、もしくは平日の2日間、缶詰状態で徹底的に英語のアウトプットに挑戦します。

受講者の最大ベストの英語能力を引き出してくれる、超集中の「英語瞬発力トレーニング」です。

 

イングリッシュブートキャンプについての詳しい記事はこちらから!

仕事で必要だから、どうしてもすぐに英語を上達させたい。海外出張や海外旅行で、英会話力を至急アップさせたい。そんなニーズにがっちり応えてくれるすごい超短期集中英語講座があった!

画像ファイル
【英語の緊急上達法】 すぐに必要な英会話力にはこの方法があった!仕事で必要だから、どうしてもすぐに英語を上達させたい。海外出張や海外旅行で、英会話力を至急アップさせたい。そんなニーズにがっちり応えてくれるすごい超短期集中英語講座があった!...

イングリッシュブートキャンプの公式サイトはこちらから! >> 週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

まとめ

手っ取り早く、すぐに英語をなんとかしたい!

異動が決まって時間がない!

そんな「緊急の英語ニーズ」に対応する習得法について考えてみました。

  • 自宅で、生活全体に英語を取り入れて自分で取り組む
  • オンライン英会話で生きた英語を学び、英語アウトプットの機会を増やす
  • 超短期2日間プログラムで一気に攻める

仕事で使える英語をなんとかしよう!と思っているあなたなら、英語の基礎は頭の中に入っているはず。

そのしまってある記憶を呼び起こす、ちょっとしたきっかけと、一気集中で挑戦すればいいだけです。

あっという間に「英語のできる自分」になれているかもしれませんよ!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください