英語で働く日本

外資系企業はメリット満載?待遇面と働きやすさを10のポイントで検証

画像ファイル

こんにちは、元外資系マーケターのまのん@ManonYoshinoです。

今の仕事と環境、なんとなく変えたくなっていませんか?

転職先として、多くのかたがオプションのひとつとして考える外資系企業。私たち日本人が外資系企業で働くってどんなメリットがあるのでしょうか。

 

画像ファイル外資系企業で働いてみたい!

お給料や待遇がいいって聞くけど、クールで個人主義っぽいイメージがあるし、外資系って本当に働きやすいんだろうか?

 

この記事でわかること

  • 外資系企業で働く10のメリット
  • 外資系企業のありのままの姿

この記事を書いた筆者は、外資系専門の人材紹介コンサルタント、英語圏での4年の海外勤務を経て、東京都内外資系企業で長年勤務していました。

本当に自分にとって働きやすそうなのか、転職を考える際のヒントにしていただければうれしいです。

★外資系企業で働くってどんな感じ?知りたい方はこちら★

【外資系企業で働こう!】女性が活躍する外資系内部のうちあけ話5選

外資系企業はメリット満載

画像ファイル外資系企業と一言で言っても、大中小様々な規模があります。業種も、本社の所在国も、共通言語だっていろいろです。

誰もが知っている有名企業もあれば、「え?あそこって外資だったの?」というくらい日本に馴染んで長い企業もあるし、駐在員1名のオフィスだってあります。

ただいずれの場合でも、外資系企業で働くことで、日本企業では体験できない異文化を経験することができるといえます。

その他にも、外資系企業で働くことはメリットがたくさんあります。

外資系企業メリット「トクをする」

画像ファイル私たち日本人が、外資系企業で働くことで「得してるなあ」と感じることはなんでしょうか。

メリット1:特技を活かせる場がある

外資系企業で働く人の多くは、ある程度の職務経験を積んだ上で転職したひとたちではないでしょうか。求められているのはスペシャリスト。

英語を始めとする外国語、通訳・翻訳、エンジニアなど、外資系企業では自分が磨いてきた技能や経験を活かせる場を見つけることができます。

メリット2:待遇がよい場合が多い

言わずと知れた、外資系=高給取り。

年収1千万円以上の人がゴロゴロいる職場も。しかも成果主義、下克上ありですから、運と能力次第で学歴に左右されずに昇進できる可能性もあるんです。

外資系に長年勤務して、男女間の給与格差を感じたことはなかったですよ。

メリット3:国際社会とのつながりができる

外資系企業に勤務していると、主に3つのルートから国際社会とのつながりを作れる可能性があります。

  1. 社内の駐在員やその家族たちとの交流を介して、外国人ソサエティとのつながりができる
  2. 本社所在国の在日公館や商工会議所などの交流イベントで外国人ソサエティとのつながりができる
  3. 日本人同僚や外国人同僚を介して、外国人ソサエティとのつながりができる

もっともよくあるパターンは3番目の同僚を介してのつながりでしょう。

外資系企業は働きやすい

画像ファイル確かにあらゆる面で、「働きやすい」と感じられることが多いようです。

メリット4:働きやすいオフィス

  • 一人一人のワークスペースが独立していて広い
  • 個人の働きやすさを重視したセットアップ
  • 会議室の数も多く、通訳設備も充実している

必ずしもすべての外資系企業のオフィスが、美しく整然としているわけではありませんが(笑)、本国の雰囲気を踏襲したインテリアを導入していたりして居心地抜群だったりします。

メリット5:上下関係が厳しくない

欧米の多くの職場では、上司であってもファーストネームで呼ぶのが一般的。社長であっても、一般事務職であっても、それは同じです。

「ミスター・スミス」ではなくて「デヴィッド」です。

職務上の上下関係はきちんと線引きしても、人間同士は同等という考え方なんですね。

日本法人でも、その文化を踏襲しているところは多いですが、「デヴィッドさん」など、外国人の役員たちを「さん」付けで呼ぶのが一般的な会社もあります。

また、自分の考えをはっきり述べるのが大切なカルチャーなので、上司とでも仕事に関しては議論するのが普通です。

メリット6:個性が受け入れられる環境

最近は、カジュアルな服装で働く人も多くなりました。でも、一昔前、日本人サラリーマンの多くがスーツにネクタイで満員電車にゆられていたころから、一部の外資系ではカジュアルスタイルが定番化していました。

女性も、外資系企業では制服があることは珍しいので、毎日のファッションにみんなこだわりを表現していましたね。個性的な服やヘアスタイルで目立っている人もいました。

そして、もう随分以前から性的マイノリティへの理解も進んでいました。

メリット7:女性の活躍の場が多い

画像ファイル外資系企業で働いていると、ごく当たり前に女性が活躍している姿を見ます。

女性の管理職はまったく珍しいことではなく、多くの男性部下を従える部長職や本部長、取締役にも女性の活躍は目覚ましいものがあります。

一昔前、女性がなかなか会社の主要ボジションにつけなかった時代、能力のある女性は海外に学び、帰国後は外資系企業で活躍していました。

メリット8:ワークライフバランスを取りやすい

仕事を離れたプライベートな時間や、家族との時間を大切にする欧米の人たち。ヨーロッパの会社員は休暇もしっかり取るし、夕方まで働いたらさっさと家に帰って家族と過ごします。

その文化を背負った外資系企業でも、「オンとオフをはっきり分ける」「プライベートライフも大切にする」風潮があります。

メリット9:休暇を取りやすい

画像ファイル上層部が外国人であったりすると、彼ら自身が毎年夏とクリスマスにまとまった休みを取ります。

駐在員なら、当然の権利としてホームリーブ(帰省休暇)が与えられるので、家族とともに数週間は休暇を取るのが普通なんですね。

また、外資系企業には帰国子女や海外生活経験者が働いていることが多く、彼らが外国で慣れ親しんだ文化をそのまま日本でも実践していたりします。当然、働き方も欧米風で、権利としての有給休暇はきちんと取る人が多いですね。

メリット10:出産や子育てに理解がある

外資系企業で働く女性たちの中には、留学や海外就業経験者も相当数います。

学業・キャリアを優先させていた20代を過ごし、結婚は遅めな人も多いんですね。晩婚や高齢出産は当たり前なんです。

また、キャリア組は、結婚や出産に関わりなく仕事を続けている人がほとんどなので共働きが普通。したがって、会社も出産や子育てには理解があるし、周囲も「お互い様」ということで助け合う風潮があるため、女性には働きやすい環境であることが多いですよ。

まとめ

外資系企業で働くメリットを集めてみました。

年収が高めだったり、語学を活かしてさらにキャリアップが可能だったり、働く者には利点があるケースも多いようです。

また、働く環境にゆとりがある企業も多く、女性にとっては活躍の場が広がったり、働きやすかったりします。居心地の良さは、長く働けるということでもありますよね。

これから転職を考えるなら、外資系企業も可能性の一つとして情報を集められるとよいのではないでしょうか。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください