英語へのマインドセット

【英語で絶対話したい!】英語を話すために、最初にすべき3つのこと

 

画像ファイル

 

ああ、英語がペラペラになれたらな〜。

英語、頑張って勉強してみたけど、

いざとなると固まっちゃってうまく話せない!

 

いざ、英語を話そうと思うと、頭が真っ白になって「固まっちゃう」。

よく耳にする英語初心者の方の悩みです。

 

こんにちは、まのんです。

外国語を、スラスラ〜っとかっこよく話せたらいいですよね。

なかでも、いまや世界の共通語のようになっている英語が気持ち良く話せるといいなあと願っている人は多いと思います。

 

語学力、とくに英語力は、日本人が身に付けたいスキルのNo.1。

みんなが「上手になりたーい!」と願い、学習ツールもスクールも豊富にあるのに、なかなか「英語バッチリ」になれないでいる。

スクールに大金をつき込んだのに、それでもイマイチ上達しない!という人もいるでしょう。

 

教材を買ったりスクールに通って一生懸命勉強するのも大切ですが、その英語への取り組みかた、少し考え方を変えてみませんか

英語ペラペラになりたい人に、ぜひ最初にトライしてもらいたい3つのステップを紹介します!もっとラクな気持ちで英語に取り組めると思います。

 

英語で話せるようになりたいけど、難しい?

画像ファイル

英語はたくさん勉強したはずなのに。。。

 

私たち日本人の多くは、中学・高校と、6年間も学校で「英語のお勉強」をしてきているわけですから、大人になるまでに、すでに英語のためにものすごい時間を費やしているはず

それなのに、それなのに。。。

日本人の大人に身に付けたいスキルを聞くと、こたえは、「英語力」。

学校で英語を勉強しただけでは、「英語力が身についていない」ということなのでしょうね。

多くの人が身に付けたいと思っている「英語力」とは、おそらくは英語を自由に使って読み・書き・会話ができることでしょう。なかでも、たぶん、英語でスラスラと会話できる力をのぞんでいるのではないでしょうか。

英語の教材は簡単に手に入る時代

書店に行けば多くの教材が売られていますし、街にはいたるところに英会話スクールの看板がみられます。

自宅にいながらにして好きな時間に学べる通信教育もたくさんありますし、オンライン講座だけでなく、最近ではスカイプなどを使ったネット経由のマンツーマン講座も受けられますよね。

その気になればいくらでも学ぶツールはあります。

 

それでも、なかなか思い通りに進まないときはどうすればいいのでしょう。

英語でスラスラと会話できる力は、どうやったら身につけることができるのでしょうか。

 

英語で話したい! ステップ1 ゴールを決める

画像ファイル

 

まず、英語をスラスラ話せるようになるための、最初のステップは、ゴール設定です。

  • 何のために英語を身につけたいのか?
  • どのくらいの英語力を目指すのか?

 

みなさんそれぞれ何らかの目的があって、英語を身に付けたいと考えていると思います。仕事で必要だという切羽詰まった場合もあれば、海外旅行のときに英語が使えると便利だからという場合もあるでしょう。キャリアアップのため、転職のためにぜひ英語力を強化したい!という方もいるでしょう。

「英語がペラペラだとなんとなくかっこいいから!」という理由もあるかもしれません。もしくは、外国人の彼氏・彼女とつきあってみたい、なんていう正直な理由もあるでしょう。

 

理由はさまざまでも、「何のために英語?」をという問いに対して自分自身でしっかり考えることが最初のステップじゃないでしょうか。ここがしっかりしていることは、学習を続けるモチベーションの維持にとても重要だと思います。

英語で話したい! ステップ2 イメージする

画像ファイル

英語が上手な自分をイメージする

英語がスラスラと心地よく話せている自分を想像してみてください。そう、イメージを頭の中に思い描くんです。

イメージトレーニング「イメトレ」、です。

この言葉、最近では一般によく使われるようになりましたね。なんとなく、トップアスリートっぽくてカッコイイことばですが、ごく普通に暮らす一般人の我々にも、イメージトレーニング、あらゆる場面で役に立ちます。

何か新しいことに挑戦しようと思うとき、ちょっとしたステップアップを試みたいとき、最初に成功した自分をイメージしてみることは重要です。

 

そんな大げさなことではなくてもイメージトレーニングは使えますよね。

 

例えば、こんな感じ。

朝起きて、一番に窓を開けて深呼吸。今日1日の仕事や家事を頭の中で整理する。そして、「サクサクやるべきことを全部こなして1日の終わりに爽やかな充実感を味わっている自分」をイメージする。。。

すると、そのイメージのようにスムーズに爽快に1日が送れたりする。

(ま、なかなかうまくいかないことも多々あるんですが、実際は。。。)

英語が上手な自分のイメトレの具体例

画像ファイル

同じように、英語ペラペラ、スラスラ、の自分のイメージトレーニングをしてみるんです。

  • 英語が得意になってキャリアアップに成功している自分。
  • 取引先の外国人相手にキリッと商談が進められる自分。
  • 外国の街のカフェで、スマートにオーダーしちゃって、となりのテーブルに座った地元の人たちと軽い冗談なんか言って笑っちゃってる自分。
  • ハリウッド映画やTVシリーズを原語で楽しめてる自分(映画館で、字幕を見て日本人が笑うポイントと、英語原語で聞いて英語圏の人達が笑うポイントって違ったりするんですよね)。

想像しているだけで楽しいじゃないですか。でもそれは単なる夢じゃなくて、未来の自分なんです。英語が抵抗なくスラスラと出てくるようになったら、現実に自分に起こる楽しいこと、なんです。

「英語は誰でも話せる」ということを思い出して!

画像ファイル

こんなこと、学校で習いませんでしたか?

だれかに英語を話せるかどうか聞くときは、Can you speak English?ではなくてDo you speak English?だよ。英語は(言語は)、基本、習得さえすれば誰でも話せるものだから」と。

 

英語圏であれば、幼児でも、勉強嫌いのティーンエイジャーでも、世紀の天才でも、ふつうのオバサンでも、だれでもごくごく自然に英語を話します。

わたしたちが何の苦労もなく日本語をペラペラ話せるようにね。

そもそもひらがな・カタカナ・漢字という複雑怪奇な文字の組み合わせを理解して使いこなす私たち日本人なんですから、きっと英語だって大丈夫!

まずは、「デキる自分」を想像し、すでに「デキている自分」になったつもりでイメトレ楽しみましょう

英語で話したい! ステップ3 ラクに考える

画像ファイル

英語を「勉強」だと考えない

うーんと深呼吸! 難しく考えるのはもうやめましょう。

すごく基本的なことですが、意外と忘れている大切なこと。

それは、英語は「お勉強」である必要はないということです。

もちろん、文法的に正確な文章を書き、正しく綺麗に話すためには、膨大な時間の学習が必要でしょう。

でも、もし、あなたの目的が「通用する英語を心地よく話すこと」であるとしたら、英語学を極める必要はないんです。英語は学問である前に、人と人をつなぐコミュニケーションのためのツール

話す言葉は、「完璧」じゃないのが当たり前

世の中の英語を話すさまざまな人達の言葉を聞いてみるとわかることですが、文法的に完璧!な英語を話しているわけじゃないと思いますよ。そもそも、私たちが日本語を話すときだって、いちいち構文を気にして話したりしていないと思います。

重要ポイント: 伝えたい、知りたい、そういう思いこそが大切!

今感じていることを相手に伝えたい、思いを伝えたい、相手の気持ちを聞きたい、知りたい。。。そういうことのほうが日常会話には大切だったりしませんか?

「英語を習得して、スラスラと話せるようになりたい!」、そう思うなら、まずは難しく考えるのをやめましょうよ。

知りたい、伝えたい、その情熱から言葉は自分のものになっていくんだと思います。

まとめ

いかがでしたか。めざせTOEIC何百点!ではない英語へのアプローチ。

気軽にシンプルに、まずは英語と友達になるようなゆる〜い気持ちで、「たかが言葉」「だれでもできる」とリラックスすることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください