海外で出産

【会陰マッサージ?】40代初産ママのおすすめはヴェレダのオイル!

画像ファイル

 

もうすぐ出産!

いろいろ不安があるけれど、特に分娩のときの「会陰切開」って怖い。

マッサージをしておくといいって聞いたけど、オーガニックのヴェレダのオイルってどうなの?

 

こんにちは、高齢出産(超安産)経験者のまのん@ManonYoshinoです。

ヴェレダ【WELEDA】といえば、ヨーロッパのオーガニックスキンケアの老舗。

妊婦や赤ちゃんでも安心して使えるヴェレダ製品の、マタニティ向け人気製品はカレンドラオイルです。

これから妊娠後期に入るプレママさんたちは、出産に向けて不安に思うこともたくさんありますよね。40代で初産を経験した私の心配事の一つは「会陰切開」でした。(しかも、フランス語不自由なのにフランスで出産💦)

文字を見るだけで恐ろしげな会陰切開。「できれば避けて通りたい〜!」と、会陰マッサージをするプレママさんが増えているそうですよ。

 

私は、ヴェレダ【WELEDA】を選んで会陰マッサージにトライしました。そのおかげか、40代とは思えないスムーズ出産で、産後もとてもラクでした!

少しでもラクに、リラックスして出産を迎えたいあなたへ、私のヴェレダ【WELEDA】体験談をお届けします。

ぜひ最後までおつきあいくださいね!

 

会陰マッサージと膣ピチュ

画像ファイル

会陰マッサージって実際のところ、なにをどうするの?

「会陰」というのは、膣と肛門の間の部分で、出産時にいきむことで裂傷を起こしやすい部分です。

すごくデリケートで、プライベートな部分なので、「裂傷」とか「切開」とか、想像するだけでブルブルしますよね。

会陰マッサージというのは、妊娠後期に会陰の部分をマッサージすることによって、やわらかくして伸びをよくするというものです。会陰部の伸びがよくなると、会陰の裂けや切開の確率が減るそうですよ。

妊娠34週目から始めると良いそうで、植物性&無添加のピュアオイルを用います。

指を使ってやるんですよ。。。

マタニティ雑誌では、「パートナーに協力してもらっても」という記事も見かけました。

膣ピチュっていったいなに?

最近、耳にする「膣ピチュ」。

私の妊娠期には全く聞いたことがなかったのですが、その名前がとても気になったのでちょっと調べてみました。

【膣ピチュ】

会陰部のオイル湿布。アーユルヴェーダのケアのひとつ。コットンやガーゼにオイルを浸し、外陰部や膣内に挿入して湿布すること。

と、いうことです。

オイルを挿入して湿布、というのがちょっと抵抗を感じましたが、会陰マッサージをしていた頃の記憶をたどると、「いやいや、なかなかこれはいい感じかも」とも思います。(すごくリラックスできたので!)

会陰マッサージを選んだ理由

私が会陰マッサージをしようと思ったのは、マタニティ雑誌で記事を見たのがきっかけです。

40代前半でしたが、やはり正直、「かなりの高齢出産」という不安がいつもありました。安産に向けて、自分でできる努力はしておこうと思ったんです。

なにより、「ひどいレベルの会陰裂傷」と「会陰切開」は恐怖でした。

ヴェレダ【WELEDA】で会陰マッサージ

画像ファイル

実際に私が行った会陰マッサージについて、説明していきたいと思います。

選んだオイルはヴェレダカレンドラオイル

マッサージ用に選んだのは、ヴェレダのカレンドラオイルでした。

現在、ヴェレダにはマタニティ用・ベビー用のとても充実したラインナップが揃っています。

私が妊娠後期だった時期、まだヨーロッパに来て間もない頃だったので、どこで何を買ったらいいのかわかりませんでした。ネット上の情報が頼りで、先輩妊婦さんの「ヴェレダのカレンドラオイルがいい」との記事を発見。

産婦人科の先生に「カレンドラで会陰マッサージしていいですかね?」と聞いたところ、OK とのことでした。

というわけで、単純に一択で、ヴェレダのカレンドラオイルを購入しました。

公式サイトでヴェレダのカレンドラオイルをチェックする:

⇨ 安心と信頼のスキンケアブランド【WELEDA】

会陰マッサージをいつから始めた?

あまり早くスタートするとよくないと聞いていたので、主治医の先生にお伺いをたてて34週から始めました

34週といえば、妊娠9ヶ月の後半。

もうかなりお腹も大きくなり、歩くのも苦しくなってくる頃です。先生からも、激しく動き回ったり転んだりしないよう、注意をうけていました。36週までは、できるだけお腹の中で赤ちゃんを育てたほうがいいというのは、ヨーロッパでもおんなじ。

36週からは、赤ちゃんも「もういつ出てきてもいいよ!」ということで、夜のシャワーや入浴後、毎日バッチリ会陰マッサージをしていました。

会陰マッサージ、どうやってやった?

シャワーやお風呂の後、踏み台に片足をのせて、自分でやりました。

「スキンシップもかねて、夫にしてもらう」という雑誌の記事もありましたが、なんとなく自分の指が、一番信頼出来る(笑笑)気がして。。。

よく洗った手指で、と言いますが、私は爪で引っ搔きそうでこわかったので、薬局で買った極薄ラテックスの指サックを使いました。

  1. 左手のひらにオイルを適量たらします。
  2. そのオイルを右指を使って温めます。(手に取ったオイルを、ゆびでくるくる攪拌するようにして温める)
  3. 指サックをした右手の人差し指と中指にオイルをつけます。
  4. オイルのついた指で、会陰下部(肛門側)をマッサージ。
  5. 膣に指を少しだけ挿入し、ゆっくりとオイルを馴染ませるようにマッサージ。

私がしたのはこれだけです。でも、局部がやわらかくなっていく確かな効果を感じました。

ヴェレダを使った会陰マッサージの効果は?

画像ファイル

では、実際にヴェレダのオイルを使った会陰マッサージの感想をご紹介します。

(*こちらの情報は、あくまでも筆者自身の体験によるものです。使用感や、効果は主観的なものですので、必ずしも誰にでもあてはまるものではありません)

しっとり感が持続する

肌を保湿し、保護する力があるという、カレンドラ抽出エキス配合のオイルは、本当に「保湿・保護されているなあ」と実感する、しっとり度。そして、そのしっとり感が続くのがいい感じです。

オイルのしっとり感って、「オイルでベタベタ」になりがちですが、ヴェレダのオイルは、しっとり&サラサラです

すーっと浸透する、という感じですね。

分娩スムーズでした

なんと、分娩体制に入ってから、「いきみが大変だった〜」なんていう思いもせず、たった20分で出産。40代初産です。

主治医の先生にも、「会陰部分がとてもやわらかく柔軟になっているので、会陰切開は全然必要ないね」とホメられました。

産後の回復も超順調

分娩時間が短く、かなりスムーズに赤ちゃんは出てきてくれました。

ということで、産後の回復もとても早かったです。もっと痛いものだと思っていました。便秘や痔に悩まされることもなく、育児に専念することができました!

ヴェレダのカレンドラオイルはどこがいい?

画像ファイル

やっぱり、安心して使える

ネットの口コミ情報でヴェレダのオイルを知り、薬局で見かけて「なんとなくイメージがいい」と思いました。

薬局で買うオイルなので、安心かなと思ったんですね。

その後、ヴェレダについて情報を検索しました。

  • 1921年スイスで創業の、オーガニックスキンケアのパイオニア
  • アントロポゾフィー(人智学)医療のクリニックからスタート
  • クオリティにこだわった植物由来成分使用

など、信頼出来る品質の製品なんだなあと思いました(もっとたくさんの、「ヴェレダはいい!」情報がありますが、公式サイトには詳しい情報が掲載されています)。

実際にいろいろなヴェレダ製品を使うようになって、「安心かな?」は、「安心だ!」に変わりました。使い心地はいいし、お肌の悩みにスッと寄り添ってくれる、という感じなんです。

使い心地がとてもいい

オイルは、いつもカレンドラとアルニカを常備していて使い分けていますが、さらっとしていて肌の馴染みが素晴らしいです。すーっと浸透する感じが気持ちいいですよ。

  • カレンドラオイルは、保湿・肌荒れ予防のためのスキンケアに使っています。
  • アルニカオイルは、血行促進、代謝機能アップで、筋肉疲労時のマッサージに最適。

香りが心地いい

いくら品質が良くても、香りがキツかったりすると、リラックスできませんよね。

ヴェレダのカレンドラオイルには、キク科の植物「カレンドラ」抽出エキスをキープラントとして配合されていて、香りがさわやかです。

レモンの香りをさらにゆるめにした、という感じでしょうか。

カレンドラオイルは保湿力抜群

保湿・保護・肌荒れ防止の効果に優れているというカレンドラ。

その保湿力を私が実感したのは、実は次の2つの悩みに対してです。

  1. 妊娠線予防
  2. 乾燥による肌のかゆみ

妊娠線予防

カレンドラオイルで妊娠線予防マッサージするといいよ、という話を聞いたので会陰マッサージだけでなく、実はお腹のマッサージも毎晩していました。

妊娠後期になるとせり出したお腹で、胸の下のパンパンに伸びた皮膚が痒いくらいだったんですが、カレンドラオイルのマッサージでしっとりしました。

そしてうれしいことに、妊娠線なるものは、全くできませんでしたよ

乾燥による肌のかゆみ

これは、ここ数年の悩みでもあるのですが、いま住んでいるヨーロッパはかなり乾燥しています。

おまけに水も硬質のエリアが多く、シャワーやお風呂でも肌がピリピリするほど。

体調がすぐれない時など、すぐに肌が乾燥してかゆみが出やすいのですが、そういうときにカレンドラオイルで保湿すると、すっと落ち着くんです。

ヴェレダのカレンドラオイルを試してみる:

⇨ 安心と信頼のスキンケアブランド【WELEDA】

ヴェレダのカレンドラオイル、デメリットは?

画像ファイル

敏感肌の私が長年、頼りにしているブランドなので、デメリットといっても探すのが難しいんですが、あえて言うなら次の2つです。

ボトルのキャップ部分

マッサージオイルって、手に取った後や、マッサージの後、キャップを閉める時にヌルついたり、ボトルがベトベトになりがちですよね。

ヨーロッパで売られているヴェレダのオイルボトルは、最近、プッシュ式に変わりました。でも、日本で入手できるボトルは、まだプッシュタイプになっていないようなので、強いてデメリットをあげるならここかな。

ただ、あまりベトベトしていないオイルなので、多少ボトルについても気にならないかもしれません。

お値段

ヴェレダは、スイスのメーカーなので、日本で購入するときにちょっとお値段は高め。でも、オイルは伸びも良いので、毎日のお風呂上りのスキンケアに使っても、100ミリリットルのボトルで1ヶ月くらいは使えます。

私にとっては、ヴェレダのオイルは肌トラブルから救ってくれるお助けアイテム。いろいろなクリームやローションを使ったり、かゆみ止めを使ったりするのと比べたら、コスパはいいかなと思います。

まとめ

大きくなるお腹で動きにくい、体重がどんどん増えちゃう、腰が痛い、、といった悩みから、未知なる出産への不安など、たくさんの心配事がある妊娠後期。

なかでも、妊娠後期のプレママの多くがストレスに感じているのが、「会陰切開」だといいます。

自分で簡単にできる会陰マッサージで、スムーズ出産をめざしませんか?マッサージしてやわらかくしておくことで、分娩だけでなく、産後の回復も早いといいます。

ヴェレダのオーガニックオイルで、妊娠後期をリラックスして乗り切りましょう!

 

ヴェレダのカレンドラオイルを試してみる:

⇨ 安心と信頼のスキンケアブランド【WELEDA】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください